teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


しいも逝きました

 投稿者:めし父メール  投稿日:2010年 4月 6日(火)13時27分51秒
  しい、先ほど、10:50頃に、息を引き取りました。
最後は、「凶悪四天王」の名に恥じぬ戦いぶりでした。
13歳、飼い主のわがままを言えば、ちょっと早すぎる別れでした。

4月1日にはもう一両日中かと大泣きしましたが、その後の頑張りは驚異的でした。
3日未明には、四肢をばたつかせ舌をだらりと出してもがき苦しむという状況が2度。
そのどちらも乗り越えて帰ってきました。めいに追い返されたという説もあります。
この1週間、2度ほどの食事とわずかな水だけでがんばってきました。
息が荒い状態をまるまる1日以上も耐え続けましたが、先ほど、ついに力尽きました。
妻と子たちが出かける前に揃って写真を撮ろうとしたその瞬間でした。
死線をさまよってからですと、2日あまり。
飼い主が寝不足で音を上げそうなくらいでした。
「生きたい」でも「逝きたい」でもない、あるがままをそのまま受け入れて生きる姿に、
飼い主は感動し、涙しました。あんなに強い奴だったなんて知らなかったです。

明日、お別れをしてきます。
これからは、ゆいだけですが、いちばん大切なものとして、妻も子もおります。
しいのことはけっして忘れません。しいがくれたたくさんの思い出を持って、
これからも大切な者たちを大切にしていきたいです。
しいちゃん、ありがとう。ほんとうに強い子だったね。ありがとう。
 
 

あれから2年ちょっとしかたってないのに

 投稿者:めし父  投稿日:2010年 4月 2日(金)00時54分12秒
  しいが、危険な状況に陥ってしまいました。
昨年秋には、胆嚢の炎症で危ない状況でしたが、
幸い、投薬が奏効して、これまで小康状態を保ってくれました。
しかし、いつ来るか、いつ来るかと恐れていた事態が、
ついにやってきたように思われます。
今回は、胆汁が漏れだして腹膜炎を起こしている可能性が高いとのことです。
血液検査の値は、それはそれは、ひどいものです。
痛がったり苦しがったりしていないのがせめてもの幸いですが、
だるくてちょっとつらそうにも見えます。
今朝までは食べてくれましたが、今夜はもう食べてくれません。
外科的治療は危険すぎるようです。手術そのものがうまくいっても、
合併症でなくなる可能性が高いのではないかとのことでした。
手術という選択肢は、昨年秋に選択しなかった時点で、
もうなくなったと考えています。今は、手術は考えていません。
このあと、どのくらい一緒にいてくれるのでしょう。
どのくらいだっこさせてくれるのでしょう。
めいのときと同じように、また、これからの時間は、宝物のような時間です。
大切に大切に過ごしたいと思っています。
 

あれから2年

 投稿者:めし父  投稿日:2010年 1月 3日(日)00時12分36秒
  早いもので、昨日はめいの三回忌でした。
昨夜は、年賀状を書きながら、めいの亡くなった時間まで起きていましたが、特に何事も起こりませんでした。
ひとつだけ、しいが、いつも寝ているパソコンデスクの下におらず、バリケンで寝ていました。
亡くなる前のめいは、バリケンには入らず、いつも椅子の下で寝ていました。
昨夜は、めいがパソコンデスクの下を占拠していたのかもしれません。
今夜のしいは、また、いつものように、パソコンデスクの下で寝ています。

そのしいは、11月に子宮摘出の手術を受け、それからはどうにか回復しましたが、
その後、2度ほど極度の食欲不振に陥り、飼い主を困惑させました。
獣医さんの見立てでは、胆管が詰まりかけているとのことで、非常に危険な状態のようです。
手術もリスクが非常に高いとのことで、手の施しようがなくならない限り、踏み切ることはできません。
今は投薬が奏功しているのか、食欲も戻っていますが、血液検査値を見る限り、
どうしてあんなに元気なのか不思議というような状況です。
今の状態をいかに長く保つかが今後の方針になりそうです。
少しでも長い間、おいしく食べて楽しく過ごして欲しい。ただそれだけです。
めいで懲りているので、しいでは後悔しないようにしないといけません。

>ちるぼんさま
ちょうど1年たってから虫が知らせたようですね。
めいへのお心遣い、どうもありがとうございます。
めいは、犬付き合いが悪いやつでしたから、あちらでみんなと遊んでいるかどうか心配です。
中に人が入ってるんじゃないかというようなやつでしたから、
犬の一生を全うしてせいせいしていることだけは確かだと思います。
 

ふと思いついてのぞきに来ました

 投稿者:ちるぼん  投稿日:2009年 1月 3日(土)12時07分46秒
  虫の知らせってやつでしょうかね・・・

めいちゃんお疲れ様
あちらで待ってる子たくさんいるから
いっぱい遊んでください
ティルの事もよろしくね(^_^)b
 

桃太郎か!

 投稿者:めし父  投稿日:2008年 1月 5日(土)15時14分27秒
  >ぷりちんさま
どうもありがとうございます。
こちらが面倒みてやってるなんて思ってると、大いなる勘違いかもしれませんよ。
ぷりんくんだって、きっと…。

こっちにも書いておこう。
めいが亡くなった朝、しいゆいを連れて散歩していると、珍しく、裏山のキジが近くまで
飛んできて、大きな声で鳴き続けました。そうか、この時期はホタルやチョウがいないからね、
めい、しょうがないからキジになって出てきてくれたのかと思い、
「めいさん、どうもありがとう。私は大丈夫だからね~」
と言って、手を振ってたんです。
で、きのう、ふと、気づきました。めい、申年(さるどし)生まれだった…。
 

・・・・・

 投稿者:ぷりちん  投稿日:2008年 1月 4日(金)09時52分29秒
  最後までめいちゃんらしさを貫いたんですね・・・
ご冥福をお祈りします。
 

火葬

 投稿者:めし父  投稿日:2008年 1月 3日(木)15時32分59秒
  めい、亡くなって11時間後には、小さな入れ物に入って帰ってきました。
偶然かもしれませんが、私が年内最後の勤務を終えて帰ってきてから食べなくなったり、
早くに逝ってぼろぼろになった私の体調が回復する時間をくれたり、亡くなる半日前には
おなかの中のものを全部出してきれいにしたりと、確かな彼女の意志を感じました。
それなのに、最後に無理やりめいに水を飲ませようとしたこと、後悔しています。
めい、わかってないなあって思ったことでしょう。

お別れはほんとうにつらくて苦しいことでしたが、友人たち、家族、
残ったしいゆいに支えてもらっています。
こんな出会いをいっぱいくれためいに、心から感謝しています。
 

めい

 投稿者:めし父  投稿日:2008年 1月 2日(水)03時43分53秒
  1月2日午前3時頃、息を引き取りました。
よたよたとは言え、最後まで歩けましたし、毛艶もほんとにいいままです。
ぼろぼろになることなく、きれいな姿のまま、逝ってしまいました。
親しくしてくださったみなさま、応援してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
 

説得

 投稿者:めし父  投稿日:2007年12月31日(月)14時09分18秒
  おいしそうなものを並べて説得を続けています。
ささみジャーキーに決意の揺らぐことはありますが、
どうやら決意は堅いらしいです。
よたよたながらまだ歩いているし、毛艶もいいんですけどね。
ぼろぼろになる前に行きたいとでもいうんでしょうか。
そろそろ見送ってあげる覚悟を決めるときのようです。
 

苦しい

 投稿者:めし父  投稿日:2007年12月28日(金)17時57分21秒
  やっぱり、少ししか食べてくれません。
気力が感じられず、なんだか、生きることをあきらめてしまったかのようです。
今夜は、パン、ヨーグルト、魚肉ソーセージを用意してみます。←ほぼ、切り札です
めい自身の苦しんでいないことが、飼い主にとって何よりとなっていますが、
やっぱり、こちらは苦しいですね。
こちらの都合で長引かせるよりは、行きたいのなら楽に行かせてあげる方が
よいのかもしれません。でも、もうちょっと抵抗するぞ。
 

レンタル掲示板
/12