teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:34/2264 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

久しぶりの済州

 投稿者:S  投稿日:2018年10月29日(月)19時40分28秒
  通報 返信・引用
  初日 うなぎ 黒豚 山房山炭酸温泉
前回に続きエアープサン利用(21,480円)。8時半にチェックインに行ってみるとすでに結構並んでいる。今回は日本人のツアー客が並んでいた。20分くらいかかり、チェックイン。
12時30分過ぎ、金海着陸。入国審査がかなりかかり、空港を出たのは13時過ぎ。
軽電鉄で金海方面6つ目の駅仏岩へ。この近辺にはうなぎタウンがある。一食目は韓国のウナギだ。有名なヒョンオクチャンに行こうと近くを探すも見つからない。ろくに調べもせずに来た報いだ。おかしいなと思い、再び検索すると、駅から少し離れたところにもう一つうなぎタウンがある。「こっちか!」時間の関係で少し迷ったが、意を決し川沿いを10分ほど歩きもう一つのうなぎタウンへ到着。こちらの方が規模が大きく一角すべてうなぎ屋になっている。十数軒ほどあるだろうか。ヒャンオクチャンを探すも見つからない。ぐるぐる何度回ってもない。仕方なく外から見て良さそうだった一軒に入る。ソッテマウル、ちょっと高級そうだ。雰囲気の良い個室に案内される。一人分30,000wだ。ヤンニョムとソグムを半々にしてくれないかとアルバイトみたいな女の子に頼むも通じず、仕方なくヤンニョム+ソジュ(34,000w)を頼む。パンチャンが豪華でうまい、これだけで10,000wはありそうだ。ということはウナギは20,000wくらいか。肝心のウナギは、「少し肉厚かなっ」て感じ。おいしいことはおいしいが、味付けがやはり日本の甘辛いたれの方が慣れているせいか良い。焼きも、「これほんとに焼けてんのか?」って思えるほど。カリッと感がない。まぁこの辺は、日本でも同様、店によって違うんでしょうが。白焼きが試せなかったのが少し残念でしたが、「まぁ、こんなもんか」と堪能し、再び空港へ。
今回はここから済州航空で済州島(往復88,000w)へ行く。2時40分空港着。3時30分発済州島行きに搭乗。1時間ほどで到着。ゲートを出ると沖縄みたい。市内バスで市外バスターミナルまでいく。その近くのバイク屋で125㏄のスクーターを24時間レンタル(35,000w)する。今日の目的地は山房山炭酸温泉。チムジルパンだ。晩御飯をどうしようか考えてなかったが、とりあえず、早めに山房山炭酸温泉までたどり着こうと思い、適当に出発する。数年ぶりのバイクで、結構怖い思いをしながら1時間ちょっとかかりなんとか到着する。すでに辺りは真っ暗。なんとすぐ前に食堂やらコンビニやらお店が数件ある。そのうちの一軒(トットン)に入る。フッテジの店だ。先客が一組、雰囲気はいい。フッテジ1人分(200g)+ソジュ(ハルラサン)(22,000w)注文。パンチャンがうまい。斜めにおかれた鉄板に黒豚の塊が載せられる。なんとキムチまで鉄板に。この店のフッテジ衝撃でした。「スゲーうまかった。」こんな、適当に入った店でこんなうまいもんが食えるとは思いもしませんでした。店も良いんでんしょうが、おそらく済州の黒豚自体がうまいんだろうと思いました。親切なマスターのパブでビールを2杯(8,000w)飲んでから温泉(14,000w)へ。ここもまた良かった。炭酸泉は冷泉だったが、冷泉と温泉をかわるがわる入ると気持ちよかったー。久しぶりに良い炭酸泉でした。スマホの充電もバッチリで言うことなし。ここはいつでも再訪したい。露天の炭酸泉もあるが、こちらは水着を着用する必要がある。別に宿泊施設もあるみたい。ここは日本で言う湯治宿。今まで韓国でもいろいろな温泉行ったけど、ここはNo.1じゃないかな。それくらい気に入りました。ここは、また来たいな。
 
 
》記事一覧表示

新着順:34/2264 《前のページ | 次のページ》
/2264