teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ヘンデル/王宮の花火、二合奏体の協奏曲第二番

 投稿者:Guest  投稿日:2018年 7月 3日(火)20時31分52秒
  だいぶ以前に取り上げた音源ですがやはり前者が圧巻。目録中演奏団体を「アルヒーフ・プロドゥクツィオン管弦楽協会」としていますがレーベル面を見るとやや違う書き方のようですね(汗)

 
 

フリードリヒ大王とルイXV世の宮廷のフルート音楽/J=P.ランパル

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 1月26日(金)19時15分51秒
   

テューダー朝から王政復古迄の英鍵盤音楽/ウルフ

 投稿者:Guest  投稿日:2018年 1月25日(木)18時42分46秒
編集済
  自分専用しおり。

 

ヘンデル/組曲第一巻の七ト短調HWV432他 E.ステファンスカ

 投稿者:Guest  投稿日:2017年11月19日(日)20時42分15秒
編集済
  ヘンデルではこれも出色の演奏。比較的こちらの'80年代の録音のようですが、演奏スタイルを創りあげる際に地理的な事もあり余計な情報というか「雑音」が入らなかったのでしょう、ジャケ裏の解説共々実にストレートと言うのか清々しい印象を受けました。

 

バッハ/ブランデンブルク協奏曲へ長調BWv1048

 投稿者:Guest  投稿日:2017年11月 1日(水)19時44分6秒
  周知の通りこの曲のアダージオは原曲では二和音しかなく、レコードでも色々な奏者のバッハ観が出ていて興味深いのですが、このメニューヒン他の演奏ではオルガン用のトリオソナタBWV530から借用することで誠に目覚しい効果をあげており、20世紀中葉ならではの大胆な試みと申せましょう。

 

ヘンデル/二台のクラヴィアの為の組曲ハ短調HWV446よりサラバンド

 投稿者:Guest  投稿日:2017年10月26日(木)18時59分2秒
  同組曲は実はフルでも上がっているのですが、こちらがあまりにも良い演奏なので採る事にしました。

 

バッハ/ブランデンブルク協奏曲ト長調BWV1047

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 8月17日(木)23時36分36秒
  だいぶ前にリンク切れになっていた同曲のT.ダート指揮フィロムジカ・オブ・ロンドンの演奏が再度上がっていたのでリンクを張っておきます。今回は全体にトランペットのパートの頑張りが印象的でした。

 

バッハ/前奏曲ト長調 BWV 541

 投稿者:Guest  投稿日:2017年 8月13日(日)20時40分22秒
  非常にめづらしいとされるヴァルヒャの実演風景。
動画前半部にはエルンスト・ミュンシュ(当掲示板で以前取り上げたシャルルの父君)の演奏?も出てきます。

 

ヘンデル/組曲ニ短調HWV448「シャコンヌ付」

 投稿者:Guest  投稿日:2017年 5月 9日(火)18時29分42秒
編集済
  この組曲は前項ウルフのLPにも入ってなく、他の奏者も末尾のシャコンヌのみ入れている場合が多い様です。十代の頃の作だそうですが聴いてみると序曲冒頭の下降する音型などはいかにも劇的でカッコ良く、『栴檀は青葉より芳し』の感を強くいたします。



これらの作品目録は手元に余り良いものがなく、当面リンク先のWikipedia辺りが頼りになりますが(汗)欠番になっている第十三、十五組曲には、ウルフのLPではHWV440,447がそれぞれ充てられていました。(又ランドフスカのGR盤では二巻以降のナンバリングが少し違いました)
当組曲をさしあたり『第十七組曲』としておきます(笑)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A5%BD%E6%9B%B2%E4%B8%80%E8%A6%A7

 

ポール・ウルフ/ヘンデル・クラヴィア組曲

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月10日(金)00時00分43秒
編集済
  奏者は今回初めて知りましたが、白皙の面影からは意外に思えるほどの真摯な解釈と思いました。

アップ主の方は他にも興味深い音源を多数お持ちのようで、当面楽しませてもらえそうです。
ミント盤コレクターでもあられるのか、音質の優秀さも特筆物で、動画の制作ポリシーも一貫性が感じられます。

<追記>その後LP五枚のBOX Setを個人輸入で購入。10日程度掛かりましたが無事到着し、盤質も良好でマイブーム状態です。クラウスとは対照的なまったりしたアーティキュレーションが特徴のようです。師のランドフスカ女史のGR盤とも聴き比べるつもり。


 

レンタル掲示板
/10