teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第154回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年11月 6日(火)04時25分59秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ


愈々秋も深まり、各地で楓や銀杏、桜、花水木などなど樹々の紅葉、黄葉が始まろうとしていますが、
皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。154回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、11月9日(金)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

さて、第三次安倍内閣が成立してから初めての臨時国会が開かれ、衆参両院の予算委員会で、安倍改憲案の是非をめぐって与野党の論戦が始まりました。

これに先立ち、安倍首相は、臨時国会冒頭での施政方針演説で、自身の在任中に憲法第九条に自衛隊の存在を銘記することを眼目とする「安倍改憲案」の是非をめぐって国民投票が行われるよう、憲法審議会での審議を経て、国民的合意が得られる事を求めて次のように語りました。

「国の理想を語るものは憲法です。憲法審査会において、政党が具体的な改正案を示すことで、国民の皆様の理解を深める努力を重ねていく。そうした中から、与党、野党といった政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信しています」

安倍首相は、憲法は「国の理想を語るもの」としています。しかし、その一方では、憲法学者の2割が、自衛隊の存在は憲法違反だと認めている以上、自衛隊を日本の安全を守るための戦力として憲法に明記し、その存在を合憲的なものとして認めさせる必要があると主張しています。

つまり、安倍首相は、憲法は理想を語るものであるとしながら、その憲法に非合憲的な自衛隊の存在を認めさせる必要があると主張しているわけで、その論法に従うと、理想を現実に従わせなければならないということになります。つまり、人種的差別を禁じているアメリカ合衆国の憲法は、人種的差別が横行する現実に合わせて書き換えなければならない・・・・・・。これほど矛盾した論理を、改憲の是非が問われようとしている国会審議に先立って、所信表明演説の中で公言すること自体が、安倍首相に改憲の是非を論ずる資格がないことを明らかにしていると言えます。

いえ、資格がないだけではありません。そもそも、行政府の長であり、憲法遵守の義務を負う安倍首相に、自衛隊の加憲を目的とした改憲案を率先して国会議論の場に持ち出す権利があるのか。内閣総理大臣が、憲法遵守の義務を負うことは、憲法第99条の「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」という条文に明記されているはずです。

にもかかわらず、安倍首相は、総理大臣になったときから、憲法第九条を書き換える、あるいは廃棄することが自分の政治使命であると公言して憚らなかった。つまり、安倍首相は、明らかに憲法違反を犯しているわけで、行政府の長が自ら憲法違反を犯していることで、国会は速やかに違憲立法審査権を行使して安倍首相を告訴しなければならないはずなのです。

このように、安倍首相が、総理大臣の憲法遵守の義務を規定した憲法規定を無視して、国会に対して、自身の立案した改憲論を審議し、国民投票に向けて発議するように呼び掛けること自体の不条理性について、信濃毎日新聞は、11月3日付の社説で次のように疑義を呈しています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 信濃毎日新聞 11月3日社説
「慎み欠く首相の姿勢 臨時国会」

 臨時国会は首相の所信表明演説と各党代表質問を終え、委員会審議に入っている。

 序盤の論戦で目につくのは、改憲に向けた安倍晋三首相の前のめりの姿勢である。行政府の長が国会で改憲の旗を振ることに違和感を覚える人も多いだろう。

 「制定から70年以上を経た今、国民の皆さまと共に議論を深め、私たち国会議員の責任を共に果たしていこうではありませんか」

 所信表明で首相は訴えた。

 前段の部分では、国会の憲法審査会に各党が改憲案を提示し、国民の理解を深める努力を重ねることにより、与野党を超えた幅広い合意が得られると確信している、と述べている。

 安倍首相は自民党の総裁でもある。自民党は結党以来、改憲を基本政策の一つに掲げている。首相が総裁として党の会合で改憲を訴えるのは、政治の仕組みとしてはあり得ることだ。

 しかし所信表明演説は首相が当面する政治課題について基本姿勢を明らかにするものだ。語られるべきはあくまで国政の課題である。党の目標である改憲を主張するのは筋が違う。

 首相は臨時国会召集の10日前に行われた陸上自衛隊朝霞駐屯地の観閲式でも改憲への意欲を述べている。こう訓示した。

 「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。責任を果たす決意だ」

 憲法の制約を受ける実力部隊に向け、最高指揮官の首相が改憲への決意を表明する―。行き過ぎ、と言われても仕方ない。

 首相は行政府の長としては憲法を順守する義務を負う。国民に対し改憲を発議できるのは国会であり、内閣ではない。首相が改憲を主張することについて、直ちに憲法順守義務違反とは言えないとしても、公的な場で繰り返し唱えるのは慎みを欠き、不適切だ。

 そもそも、首相がこだわる9条への自衛隊明記には問題が多い。書き込めば装備や運用に関する歯止めが弱くなる。安保上の役割強化を求める米国に押し切られ、専守防衛がますます空洞化する結果を招きかねない。

 自衛隊は自衛隊法などにより、法律上の位置付けははっきりしている。国民の多くも合憲の存在と認めている。いま9条に書き込まなければならない理由はどこにも見いだせない。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

信濃毎日新聞の社説は、まったく筋の通ったものであり、今臨時国会で、安部改憲案の是非を審議する前に、まず最初に、行政府の長である安倍首相に自らの改憲案を国会に提出る権限があるのかどうか、さらには安倍首相が、事が改憲問題にかかわる限り、憲法違反を犯している事の是非が、徹底的に審議される必要があるといえるでしょう。

安倍首相は、さらにまた、11月1日、自衛隊記念日におけるレセプションでのスピーチで、自衛隊の存在を憲法に明記しなければならない理由について、以下のように語っています。

「今や国民の9割が自衛隊に対し、『良い印象を持っている』と答えています。また、公的な機関の信頼度調査では、日本で最も信頼されている公的機関は自衛隊であります。いつもこの調査を紹介させて頂いておりますが、残念ながら一番信頼されていないのは国会議員ということでございますので、今日出席されている議員諸君とともに頑張っていきたいと思います。 国民の揺るぎない信頼はひとえに歴代の隊員による献身的な努力のたまものであり、この場を借りて歴代の全ての自衛隊員と、隊員を支えて頂いたご家族に感謝申し上げたいと思います」

安倍首相は、このスピーチのなかで、「今や国民の9割が自衛隊に対し、『良い印象を持っている』と答えています。また、公的な機関の信頼度調査では日本で最も信頼されている公的機関は自衛隊であります」と語っていますが、国民が信頼しているのは、台風と地震などによる自然災害が起こったときに率先して救助作業を行う自衛隊員の犠牲的パフォーマンスに対してであり、自衛隊のもう一つの任務とされる海外の紛争地区への派遣については、大方の国民が支持してないことは明らかであります。

また、安倍首相は、公的機関のなかで最も信頼されているのは自衛隊であるとも述べていますが、イラク派兵をめぐる日報問題などでも明らかになったように、自衛隊の隠蔽体質と、いわゆる「制服」派が、常に「背広」の隙を狙い、実権を握り、シビリアン・コントロールの原則を覆そうとしていることに対して、多くの国民が疑念と不安を抱いていることに間違いはありません。

このように、安倍首相は、事あるごとに、国民から信頼されている自衛隊の存在を憲法第9条の条文に追記する必要性を言い募り、国民意識を「改憲OK」の方向にリードしようとしているわけで、野党各党は、国会審議の場で、安倍首相の欺瞞性を徹底的に暴き、マスメディアはその事実を広く報道し、国民に認知させる責任を負っているものと、私たちは考えます。

以上を踏まえ、私たちは、安倍改憲案の是非が国会審議の場で論議される前に、そもそも安倍首相に、(1)国会に対して改憲の必要性を説く権限があるのか、(2)改憲案を国会に定義する権利があるのか、(3)改憲問題をめぐる安倍首相の言行は、憲法第99条で規定された内閣総理大臣の憲法順守義務に反する違憲行為ではないか、の3点について、徹底的に議論・検証されることを求めて、11月9日(金)正午から24時間の「ハンスト・イン」に入る所存です。

■ 第154回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項■

1.日時  :11月9日(金)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイトに、11月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによって、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込んで下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対してハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームページの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハンストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみましょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年11月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴


?
 
 

第153回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年10月 6日(土)01時31分1秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

本来であれば、真っ青な空の下、吹く風にコスモスが揺れ・・・・・と書くはずのところが、台風25号が接近し、この週末には本土に上陸かと伝えられ、皆さま不安に過ごされておられることと思います。どうかくれぐれも準備怠りなく、無事に過ごされんことを心よりお祈りいたしております。

さて、毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。153回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、10月9日(火)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

安倍+自民党が虎視眈々と自衛隊の加憲を含めた憲法改正案の国会発議と国民投票の実施を狙う中、今後の政局に大きく影響を与えるとされてきた沖縄県知事選挙は、先に急逝した翁長前知事の遺命を受けて立候補した野党系の玉城デニーと自民+公明の支持を受けた佐喜真淳両候補がデッドヒートを演じ、最後の最後まで勝敗の行方が分からないかのような展開となっていましたが、即日開票の結果、意外に早い段階で、玉城デニー氏の当確が出て、護憲派の私たちをヤレヤレと安心させてくれました。

最終的な投票結果を見てみますと、玉城デニー氏が、有効投票数の内、396,632票を獲得、佐喜真氏の316,456票に対して、8万票の差をつけての勝利。ということで、各種メディアが報じているように、玉城氏の圧勝と言っていいと思います。

なぜこのような結果が出たのか、背景的要因として考えられるのは、先月21日に行われた自民党の総裁選挙に立候補した石破茂元防衛大臣が、国会議員+党員・党友合わせて254票を獲得したのに対して、安倍首相は合計で553票と、299票もの大差で負けたのにもかかわらず、議員票で予想を20票も上回り、73票を獲得、さらに党員・党友票でも安倍首相の224票に対して181票(全体の約45%)を獲得、自民党及び党員・党友の間に反安倍的、言い換えれば反安倍一強体制に対する批判ムードが醸成されていたことです。

第二には、玉城デニー氏が勝利した直接的原因と考えられるもので、自民党と公明党が、安倍首相の命令一下、党役員の大物政治家や小泉進次郎氏など人寄せパンダ議員を次から次へと送り込み、安倍+自民党の威勢を前面に押し出し、しかも肝心の基地問題では佐喜真候補に一言もしゃべらせないなど、安倍一強体制を背景とした力による強引な選挙戦術を展開した結果、沖縄の選挙民から佐喜真候補が安倍+自民党の傀儡候補とみなされ、支持を失ったこと。

そして、これに対して玉城デニー候補は、立憲民主や共産党などの支持政党とは一線を画した「オール沖縄」戦術を展開し、立憲民主党の枝野党首や共産党の志位委員長等、沖縄入りした野党幹部は、デニー候補とは別々に応援演説を行った結果、政党色が薄れ、結果、沖縄市民のハート掴んだ。いや、それだけでなく、自民党や公明党支持者からも一定程度の票を勝ち取ったことが、今回の勝利につながったとみていいと思います。

以上、今回の知事選挙で玉城候補が勝利した背景的要因を分析した結果、私たちが平和憲法を守るための戦いを今後一層有効的に押し進め、安倍+自民党の改憲案を廃棄に持ち込むために取るべき戦術として、見えてくる極めて重要な教訓は、これまでのような政党色を前面に押し出した選挙戦術は、すでに有効でないということ。それに代わるものとして、私たちが取るべき戦術は、出来る限り政党色を薄くし、「オールジャパン」の旗印の下に結集し、来年夏の参院選に立候補する反安倍・反自民の立場から立候補するものは、その党籍のいかんにかかわらず、「オールジャパン」のメンバーとして立候補すべきだということです。

そうなのです、沖縄の市民たちは、今回の知事選挙を通して、私たちに大変重要な事を教えてくれたのです。私たちは、その教訓をしっかりとかみしめて、来年夏の参院選挙に向けて、一日も早く、これまでになく強固な市民の政治組織として「オールジャパン」の構築に向けて、全力を傾けなければなりません。

さらにもう一つ、沖縄の選挙からは、争点をごまかさず明らかにして闘うことの重大切さ、つまり辺野古に基地をつくることには絶対反対だという確固とした主張を掲げて戦う姿勢にも学ぶ必要があると思います。来夏の参議院選では、自民党をはじめ、9条改憲を望む勢力に、国会での発議に必要な3分の2以上の議席を、何が何でも取らせないという覚悟が私たちに必要でしょう。そのことをしっかりと胸に刻み込み、私たちは今月9日正午から24時間の「ハンスト・イン」に入る所存です。


 ■ 第153回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :10月9日(火)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
  トに、10月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府
  県名、簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
  って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る
  運動の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を
  書き込んで下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉し
  く思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
  下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反
  対してハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志
  を明確に表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという
  行為が政治的抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
  ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間の
  ハンストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめ
  てみましょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志
  は十分に参加する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
  者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年10月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 

第152回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 9月 6日(木)15時44分44秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

台風21号が西日本を襲い、「風立ちぬ」という言葉とはおよそ真逆の激しい雨風に見舞われ、各地で甚大な被害をもたらし、死傷者も少なからず出たようですが、みなさまいかがでしたでしょうか。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。152回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、9月9日(日)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

自民党の総裁選挙が近づいて来ました。石破茂元防衛大臣と現職の安倍晋三首相が立候補し、新聞やテレビの報道では、安倍首相サイドの石破つぶしと安倍支持から逃げ出しそうな国会議員への露骨な締め付け戦術が功を奏し、国会議員票の大半を固めたせいで、安倍首相の圧勝が報じられています。しかし、現実は、メディアが報じているほどには、安倍首相の足元は安泰でなく、首相サイドのあまりにえげつない石破つぶしに、国会議員の中にも反安部の動きが出てきているようです。

安倍首相が三選されれば、来年夏の参院選挙で自民党の勝利がおぼつかなくなる。森友や加計問題で疑惑が噴出したにも拘らず、安倍首相は国会答弁の場で一向に説明責任を果たそうとせず、疑惑がますます深まる一方、この先、安倍首相にとって決定的に不利な証言や証拠が出てくれば、安倍首相は、今度こそ持たない・・・・・・そんな危険性を抱えている安倍首相に、今後3年間もの政権運営を委ねていていいのか? そもそも、立憲民主主義の原則を蹂躙し、国会を、ということは国民の意志を無視し続ける、強引横暴な権力主義丸出しの国会運営を続けてきた安倍政治をこのまま続けさせていいのか、特に憲法改正問題で、自衛隊の加権を主張する安倍改憲案を、十分な国会審議も尽くさないまま、国会に発議させていいものなのか、心ある自民党議員の大半をそういう思いを募らせているはずなのです。

さらにまた、原子力発電問題でも、今年夏、日本全土が歴史的猛暑に襲われたのにもかかわらず、太陽光発電や風力発電が急速に普及したせいで、節電や省電の必要なく乗り切れたことで、菅直人元首相が、自身のブログで「太陽熱発電が普及したせいで、原子力発電は必要でなくなった」と指摘したように、日本は、いよいよ本格的に脱原発に向けてスタートすべきときに来ていると思います。地震や台風による自然災害が当たり前のように起こる日本では、脱原発政策への切り替えは、誰が考えても当たり前のことなのですが、安倍首相にはその当たり前のことができない。

そんな目先の利益しか見えてない安倍首相に、これ以上政権をゆだねていていいのか?……という不安は、少なからぬ心ある自民党の国会議員は持っているはずで、その不安は、大方の国民の不安でもあるはずなのです。

さらにまた、直近の世論調査の結果を見ても、多くの国民が、安倍首相が三選されることに不安を抱いているという結果が出ています。例えば、昨日付の「日刊ゲンダイ」紙では、「20日投開票の自民党総裁選をめぐり、有権者の間で石破元幹事長の人気が急拡大し、安倍首相を追い抜きそうな勢いであることが、JNNが、1、2両日に実施した世論調査で分かった」として、以下のような結果を伝えています。

  自民党総裁選では安倍、石破のどちらを支持するか。

    安倍支持   41%
    石破支持   40%

  無党派層に対する同じ質問では、

   安倍支持   29%
   石破支持   46%

  安倍内閣支持率

   支持     46.2%
   不支持    52%

これらの数字を見て驚くのは、安倍首相サイドがこれだけ露骨に反石破キャンペーンを続け、メディアが安倍圧勝を報道し続けてきているにも関わらず、次期首相に安倍首相がふさわしいと答えた人は、石破氏がふさわしいと答えた人を、わずかに1%しか上回ってないということです。つまり、これから先、選挙戦が本格化し、石破氏のメディアへの露出度が高まり、その穏健というか、まともな政治姿勢に対する国民の理解が深まっていけば、石破氏への支持率は、安倍首相を大きく上回っていくはずなのです。

興味深いのは、無党派層の安倍支持率が29%に対して、石破支持率が46%と、17ポイントも上回っていること。そしてこの差は、今後さらに大きく開いていくであろうということ。さらに、内閣支持率が、支持46.2%に対して、不支持率が52%と、6ポイントも上回っていることです。

上述したように、安倍首相サイドからの反石破キャンペーンがこれほど露骨に展開され、メディアも安倍首相圧勝を伝え、しかも国会論戦が行われていない現時点で、安倍首相はここまで追い込まれている。

しかも特に重要だと思われることは、これまでの世論調査では、「分からない」が20~30%あったのが、今回は、支持+不支持で98.2%と、ほぼ100%に近い回答率で、しかも、不支持率は52%と支持率を6%も上回っている。この事実は、これまで「分からない」と答えてきた無党派層が、これ以上安倍内閣をのさばらせていては危険であることに気づき、「不支持」の方に回ってきたことを意味しています。

つまり、このことは、「どうせ何をやっても無駄だ」とあきらめて、意志表示をすることを控えてきた無党派層が、いよいよと言うか、ようやく動き出したことを意味しています。

さて、このように頑強に見えてきた安倍一強体制に揺らぎというか、亀裂が見え始めて来た状況にあって、「敵の敵は味方」という論法に立って言えば、私たちは、憲法問題や安全保障問題では考え方を異にしていますが、石破氏に勝ってほしいと思います。なぜなら、今の異常事態を打破するには、今回の自民党総裁選挙で、石破氏が勝利し、安倍首相を退陣に追い込み、これ以上政権にいさせたら、日本の民主主義と平和主義を根底から壊しかねない安倍政治を終わらせることが、日本の今後のために何よりも喫緊の課題だと考えるからです。

そうであるなら、石破氏は安倍首相に勝利するためには、これから先の選挙戦をどう戦えばいいのか。まず考えられるのは、今後の選挙戦において、「国民のため」を最優先させ、以下の政策を掲げて安倍首相に徹底的に論戦を挑むこと。

1. 改憲問題では、性急な国会発議を避け、慎重に国会で審議を重ね、国民世論の熟成を待って発議に
向けて取り組む。

 2.脱原発政策を徹底的に進める。そのためには、立憲民主党や共産党はもとより、小泉純一郎や鳩山由紀夫、菅直人など首相経験者とも連携し、脱原発国民会議の発足に向けて、リーダーシップを発揮する。

 3.安倍エコノミックスのゆがみを匡す。

 4.地方経済の再活性化に向けて全力を尽くす。

 5.社会福祉政策の重視。

 6.教育支援の重視。

 7.地震や台風など自然災害に対する防災システムの再構築。

 8.東アジア地域における軍事的脅威を低減させるために、中国や北朝鮮との話し合いを積極的に進める。

 9.人種や性差、社会階層の違いによる差別的な行動や発言は絶対に許さない。そして、違いを認め合う寛容な社会の構築に向けて努力する。

10.政治的権力が総理大臣や内閣府に過度に集中する現行の態勢を見直す。

11 野党の意見に謙虚に耳を傾けるなど、丁寧な国会運営に努める。


以上の政策を掲げたうえで、安倍政治をこれ以上続けさせたら、日本の未来が本当に危うくなりかねないことを自民党の国会議員だけでなく、全国の党員、ひいては国民全体に訴え、安倍政治を終わらせるためには改憲問題を封印したうえで、自民党を割って新党を立ち上げ、野党と共闘するくらいの決死の覚悟を固めて、打倒安倍支持に向けて戦ってほしく思う次第です。

また立憲民主党をはじめとする野党も、日本の針路を誤らせる安倍政治に終止符を打つために、いつものように各党の党首名を総理大臣候補に書くのではなく、一時避難的に、また暫時的に、戦略的な投票行為、すなわち国会冒頭で行われるで首班指名では、「石破茂」に投票するくらいの覚悟を持って臨んで欲しいと思います。

以上を踏まえ、私たちは、憲法問題では同調できないという原則を堅持しつつ、安倍政治を終わらせることが、日本の将来にとって最も重要な課題であるという認識に立って、万やむを得ずという思いで、今回の自民党総裁選挙で、石破氏が勝利することを祈りつつ、9月9日の正午から、152回目の「9の日・9条・ハンスト・イン」の24時間ハンストに入る所存です。

  ■ 第152回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :9月9日(日)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、9月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年9月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 

第151回「9の日・9条・ハンスト・イン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 8月 5日(日)22時39分1秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

7月の半ば過ぎからはじまった連日40度近い猛暑日は、10日以上も続き、月末に台風が接近し雨が降ったせいで、2日ほど、やや気温が下がり、ヤレヤレと一息つかせてくれましたが、8月に入って再び猛暑というか、激暑復活で、再びうんざりさせられるような日が続いておりますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。151回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、8月9日(木)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

さて、これだけ暑い日が続くと、当然のこととして急増するのが、エアコンや扇風機による電力消費なのですが、日本全国一家平均でエアコンと扇風機を2台ずつ使うとして、電力の総消費量は、東日本大地震による福島原発事故を受けて、「節電」や「省電」が政府やマスコミを通じて、声高に叫ばれた当時と比べて、比較にならないくらい増えているはずですが、政府筋はもとより、新聞やメディアからも一向にその声が聞こえてこないのはどうしてなのでしょう?

代わりに、新聞やテレビで大騒ぎしているのが、熱中症についての過熱報道で、熱中症を避けるために、エアコンのきいた部屋で静かに過ごすことが奨励されているほどです。

こうしたなか、菅直人元首相が、自身のブログで「太陽熱発電が普及したせいで、原子力発電は必要でなくなった」と指摘し、「来年の参院選に向けて、脱原発、原発ゼロ政策を掲げて、野党が戦えば、勝利する可能性が高い」として、「脱原発・原発ゼロ」政策を公約に掲げて、立憲民主党を中心に、野党が結束することの大切さを以下のように訴えています。

『前代未聞の猛暑が続く日本列島ですが、電力不足は生じていません。福島原発事故以前から、クーラーを多用する真夏の昼間が電力消費のピークとなり、電力供給量と消費量の差が小さくなって一時的な電力不足が生じていました。

 なぜ前代未聞の猛暑なのに電力不足が生じないのでしょうか。それは太陽光発電が普及したからです。福島原発事故以降日本では太陽光発電が急速に拡大し、現在は電力供給の約5%を占めています。当初電力会社は太陽が照っている時しか発電しない太陽光発電を「不安定」と毛嫌いしていました。しかし年間で電力消費がピークになるのはクーラーを最も使う晴天の真夏の昼間ですが、その同じ晴天の真夏の昼間に発電量がピークになるのが太陽光発電です。従来電力会社が「邪魔者扱い」してきた太陽光発電が電力不足を防いでいるのです。

 電力は何時の時点でも消費量に発電量を一致させなくてはなりません。福島原発事故以前から、電力会社は原発を「ベースロード電源」と称して、電力消費の少ない深夜にまで昼間と同じレベルで発電を継続していました。ヨーロッパの多くの国では早くから発電量が大きく変動する太陽光や風力など再エネ発電を優先的に消費に回し、不足分を火力発電などで補うというやり方をしてきました。日本では現在原発の発電量は全体の2%程度です。原発ゼロでも必要な電力は拡大する再エネ発電で十分カバーできます。
 来年の参院選は原発ゼロか原発継続かが最大の争点の一つになります。残念ながら国民民主党は立憲民主党などが提案した「原発ゼロ基本法」に提案者としては参加してもらえませんでした。その背景には連合が原発容認の電力総連などに引っ張られているからです。電力総連や原発製造にかかわる企業の労働組合を除けば、「可能なら原発ゼロが望ましい」と連合関係者の多くは言われています。連合が原発ゼロ基本法に賛同し、原発ゼロを実現する場合にも電力関連の雇用は守るということで各党と合意することになれば、野党間の政策上の最大の相違は解消します』


 原発ゼロを願っているのは菅直人元首相だけでなく、小泉元首相や細川護熙首相はじめ与野党を超えた政治とメディア、さらに広範な国民、市民もまた願っています。原発推進の姿勢を変えない安倍政権に対し、野党がこうした反原発の元総理大臣やメディア、さらには、国民、市民を巻き込み、「原発ゼロ基本法」実現の線でまとまれば、来年の参院選で与野党逆転の展望が見えてくるはずなのです。菅直人元首相は、このように「原発ゼロ基本法」の実現を公約にして、今から野党共闘の体制を構築していけば、来年の参院選で与野党逆転が可能だとしています。

ところで、菅元首相のこうした発言を裏付ける形で、最近、小沢一郎自由党代表と小泉純一郎元首相が、「脱原発・原発ゼロ」政策を掲げて、安倍独裁政権を打倒すべく、共闘関係を築こうとしているというニュースは、現下の閉塞的状況に風穴を開け、国民に勇気と希望をもたらす嬉しい動きだと言えます。

新聞やインターネットのブログなどの報道によりますと、先月15日に、自民党時代から“宿敵”だった小沢一郎・自由党代表が主宰する「小沢一郎政治塾」の講演会に、「原発ゼロ社会の実現」を訴えて全国講演行脚を続けている小泉純一郎元首相が招かれて講演をし、原発再稼動に邁進する安倍政権を打倒するために、野党が「原発ゼロ」を統一公約として掲げ、来年の参院選を共闘することの必要性を訴えたということです。

「原発ゼロ」をキーワードに、正に急転直下という形で、かつての政敵同志が急接近したわけですが、1時間半に及ぶ講演会で小泉元首相は、「原発即時ゼロは可能」「日本は自然エネルギー大国を目指すべきだ」といった持論を語った後、小沢代表と並んで新聞・テレビ記者の囲み取材に臨み、安倍政権打倒(=原発ゼロ政権誕生)するための最重要課題として、(1)「国民が支持する『原発ゼロ』を、野党が争点にするのかどうかが大きいと思う。(2)自民党のように『いろいろ意見が違っても一本になろう』という気持ちが野党にあるのかどうか。野党が一本化して、選挙の争点にできるのかどうかがカギだと思う」など、野党の結束が何より重要だという認識を、重ねて明らかにしたそうです。

これに対して、小沢代表も、倒閣の旗印を「原発ゼロ」にすることに賛同。「来年の参院選に向けて『原発ゼロ』で野党勢力の結集の旗印として掲げる考えはあるのか」との記者団の質問についても、「野党としても『原発ゼロ』は最大の政策目標として掲げていきたい」と決意表明をしたとのこと。

何を言っても、何をやってもダメだという、現下の絶望的状況にあって、風穴を開けるには、パワーのある大物政治家が、野党連合の中心になり、国民の心を動かす政策を掲げて戦わなければなりません。それには、小沢自由党代表を結束軸にして、小泉元首相や細川元首相、さらには菅直人、鳩山由紀夫元首相など総理大臣経験者が、「日本再建のための四賢人の基本政策」として、「原発ゼロ化法案」の実現を掲げ全国規模で講演行脚を行い「脱原発・原発ゼロ化政策」が、いかに今の日本にとって不可欠な最重要政策であるかについて、国民の啓もうを図ることが大切なのではないでしょうか?

新聞やテレビの報道で、9月に行われる自民党の党大会で、安倍首相は三選に向けて着々と手を打ち、すでに圧勝する勢いであると伝えられ、現にこのままでいけば、来年夏の参院選は安部政権下で戦われることになる事はほぼ確実と言えるでしょう。そして、もし自民党が勝利し、衆参両院で三分の2以上の議席を確保すれば、安倍首相は、国民の信任を得たとして、一気に国民投票に持ち込むことは間違いありません。

そうさせないためには、どうすればいいのか。答えは明白です。安倍自民党に勝たせないこと。よしんば野党が負けても、参議院で3分の2以上の議席を自民党に取らせないことにつきます。そうであればこそ、私たちは、安倍+自民党改憲プログラム反対という、これまで「九条の会」や日本共産党が先頭に立って推し進めてきた「護憲運動」が、すでに伸びきって緩んでしまったゴムのようにインパクトを失い、市民の護憲運動としての効力を失ってしまっている現下の状況にかんがみ、「急がば回れ」で「脱原発+原発ゼロ社会」の一日も早い構築を新たな運動目標に掲げ、小沢・自由党代表や小泉純一郎、細川護熙、鳩山由紀夫、菅直人ら首相経験者を前面に押し立てて「原発ゼロ化社会」の実現に向けて、自民党の「脱原発」派の議員をも巻き込む形で、全国規模で講演会を含む啓もう活動を展開させていくことが大切だと考えます。

命を守る脱原発の闘いに勝利すれば、安倍内閣は退陣を余儀なくされ、自民党右派の改憲攻勢は一気に勢いを失い、結果として、「9条を守る」私たちの闘いは、勝利することになるのです。

そうした意味で、私たちは立憲民主党や共産党など護憲野党に対して、来年の参院選で何が何でも勝利するために、護憲運動の目的を「9条を守る」から、一時的に「脱原発・原発ゼロ化社会の実現」に切り替え、小泉純一郎や菅直人、細川護熙、鳩山由紀夫など元総理大臣を積極的に担ぎ出し、講演行脚プロジェクトを積極的に展開し、もって国民意識の啓もうを図ることを求めて、8月9日正午から24時間「ハンスト・イン」に参加する所存です、

 ■ 第151回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :8月9日(木)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、8月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年8月6日

「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 

7月の「9の日」ハンスト」参加します。

 投稿者:高田 眞佐子  投稿日:2018年 7月 6日(金)00時06分44秒 zaqdadcd92a.zaq.ne.jp
返信・引用
    7月の「9の日ハンスト」参加します。もぅ、先月のことになってしまいましたが…私達の町は、大阪北部地震の影響をうけて、なんだか、たいへんでした。悪運強く(!)私は無傷ですが、瓦礫のなかで、すごしています。ふだんから、がさつな暮らしをしているもので…なかなか片付きません。でも、あの沖縄慰霊の日、沖縄の中学生、相良倫子さんの詩の朗読に、涙が流れて、仕方がありませんでした。朗読というよりは、暗唱でした。しっかりと、列席の人々ひとりひとりをみつめ、かたりかけるようでした。自分の生まれ育った沖縄がどんなに素敵なところかをまず語り、わたしはそのなかで、生きている。だのに、自分と同じように、未来に向かって生きていた、人々が、73年前,この沖縄で戦争にまきこまれ、美しい沖縄は地獄になってしまった。私と同じ、未来にいっぱいの夢をもっていただろう人々が、突然いのちをうばわれた。…二度とこんなことがあってはいけない…こんな言葉がかたられていました。安倍首相は、どんな思いで、この詩をきいていただろう。 彼女のあとに、翁長知事のメッセージ(これも、翁長知事の決然とした、思いがかたられて、心に響きました。)最後が、安倍首相の原稿棒読みの冷たいいメッセージ、「普天間基地の縮小とそのための辺野古基地建設を一日も早く…」みたいな話でした。たぶん抗議の声があったのでしょう、それを、意図的にカットしたのか、安倍首相のメッセージの最中に、時々、音声がとぎれることがありました。ネットで安倍首相の国会での答弁風景を見ることがあっても、途中で不自然にとぎれることがあって、安倍首相に都合の悪いことは、意図的に知らせないようにしているのかも…とおもったりしてしまいます。私はあの慰霊の式典をケーブルテレビの中継で最初から、見ていたのですが…NHKなどは、放送したのだろうか…。「昨今若者は新聞を読まない。だから、自民党支持者に若者が多いんだ。」みたいなことを、麻生氏は言ったそうで、それはとりもなおさず、報道が、真実を伝えてることを、裏書しているのですよね?麻生さんがそこまでジャーナリズムの威力を考えているのなら、ジャーナリストの側も、安倍首相の本当の姿を伝えるべきだとおもいます。  

第150回「9の日・9条・ハンスト・イン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 7月 5日(木)18時08分53秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

うっとうしく梅雨が降り続く中、時たま空が晴れたと思うと、35度近い太陽光が差し込んできて、不快指数の高い日が続く今日この頃、皆さまお変わりなくお過ごしのことと思います。

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。150回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、7月9日(月)の正午からスタートします。ふるって、皆さまの参加をお待ちいたしております。

さて、本日の新聞報道によりますと、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者が、文部科学省の私立大学支援事業の対象校に選定されることの見返りとして、自分の子を東京医科大学の入学試験で合格させてもらったとして、東京地検特捜部に受託収賄の疑いで逮捕されたとのこと。

公平な行政を行うために、不正をチェックする最高監督官に当たるはずの官僚トップの腐敗も、ここに極まれりという事件に開いた口がふさがりません。

顧みれば、自衛隊のイラク日報問題とこの問題の最高監督官たる稲田朋美元防衛庁長官の無責任極まりなく、醜悪な言行に始まり、文部科学省による官僚の天下りあっせん疑惑、厚労省による裁量労働制に関するデータのねつ造・誤用疑惑、さらにはこれらの疑惑の総仕上げとして国会を一年以上も紛糾させた森友・加計問題における財務省の高級官僚による安倍首相への忖度、及び不当な便宜供与と関連文書の大規模なねつ造、廃棄処分などなど、官僚組織の腐敗による一連の事件の全ては、第二次安倍政権が誕生して以降に起こっています。

こうした行政の腐敗を象徴する一連の不正事件は、行政府のトップであり、最高命令監督権を有する安倍内閣、ひいては安倍首相そのものが生得的、あるいは構造的に抱える行政監督能力とモラル意識の欠如によるものであることは、論を俟ちません。つまり、これだけ不祥事が連続して発生すること自体が、行政府の最高命令・監督機関としての安倍首相と安倍内閣の適格性と信頼性の欠如を如実に物語っているということなのです。

にも拘らず、安倍首相は、不祥事発生の都度、野党の辞任要求に対して、「責任を痛感している」といいながら、「このような不祥事が二度と起こらないように監督・指導を強化していきたい。それが総理大臣として取るべき責任だ」と言い逃れ、いまだに辞任という形で責任を取ったことは一度もありません。

安倍首相は、日本の理念として「美しい日本を取り戻す」ことを挙げおり、自民党のポスターにも、この言葉は掲げられています。この「美しい日本」という言葉が、単に日本の風景自然の美しさだけでなく、人としての生き方の美しさをも意味していることは論を俟ちません。つまり、部下が犯した失敗や罪の責任は、上司である部長や社長が取ることが日本の美徳であり、現に今でも、大きな会社が不祥事や失敗を犯したときは、経営トップの社長や重役が責任を取って辞任することが、企業モラルのあかしとなっています。

ところが、日本のトップであり、日本人の生き方の美しさのモデルとなるべき安倍首相は、「責任を取る、取る」と言いながら、一度も辞任したことがない。これは、安倍首相自らが、日本の「美しい」伝統を無視し、壊していることに他なりません。

確かに、総理大臣という国民から負託を受け、重い職責を遂行する立場にある以上、総理大臣が、民間の一企業の社長のように、官僚の一度か二度の失敗や不祥事に付き合って辞任することはないかもしれませんが、これほど重大な失敗や不祥事が重なった以上、安倍首相は、総理大臣辞任という形で責任を取るべきだと思われます。

野党も、また行政府を監督する権限を有する立法府の代表としての自民党も、今のこの退廃しきった日本の状況を一日も早く脱し、経済だけでなく外交、内政面でも行き詰ってしまったように見える日本を立ち直らせるためにも、安倍首相に「美しい日本」のモラルに準じて、総理大臣の職を辞することを勧告すべき時に来ていると思います。

そうした意味で、野党は言うに及ばず、自民党も公明党も、そしてメディアや私たち国民も、森友・加計問題で、事実関係で首相を問い詰めるというこれまでの戦術にとらわれず、「もしかすると、首相が言うように、首相御自身は全く関与していなかったのかもしれません。しかし、事がこれほど頻繁に発生し、真相解明のための国会審議がここまで長引き、混乱をきたしている以上、総理大臣の行政能力とモラルが欠如していることは明らかである。そうである以上、総理大臣は、「美しい日本」を守るためにも、責任を取って辞任すべきではないでしょうか・・・・・・と、あらゆるチャンスをとらえて説得すべきではないでしょうか。

以上を踏まえて、私たちは、安倍首相に、「美しい日本」を守るためにも、一日も早く総理大臣の職を辞されんことを求めて、来る7月9日正午から、150回目の24時間「ハンスト・イン」に入る所存です。

ご一緒にどうぞ、ご参加を!

*********************************************
 ■ 第150回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :7月9日(月)正午から、24時間ハンスト。
       *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、7月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

   http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。


  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年7月6日

 「ガンジーの会」代表:末延芳晴
 

6月の「9の日ハンスト」参加します。

 投稿者:高田 眞佐子  投稿日:2018年 6月 6日(水)08時35分36秒 zaqdadcd92a.zaq.ne.jp
返信・引用
   6月の「9の日ハンスト」参加します。 もうしわけありませんが、今月は、9日に、同窓会に参加することにしてしまったので、変則参加させていただきます。8日正午から、9日正午までの参加とさせていただきます。今更、同窓会でもないのですが…恩師の米寿を記念して、集まろうということになったので行くことにしました。  先月、三千万署名をよびかけて、立っていたら、すごく上品で、お美しい女性が通られました。署名をお願いしましたら、「私は安倍さんを支持しています。九条改憲賛成です。」といわれて、びっくりしました。お見かけしたところでは、私同様、段階の世代化、もぅ少し上の方に見えたのだけれど…いろいろな考え方の人がいるんだと、あらためておもいました。の元プロ野球選手の張本さんも、「安倍さんほどいい人はいないのに、なぜあんなに批判するのか、わからない。」とおっしゃったとか。広島を体験なさり、よく、平和が大事とコメントもなさっているのに。なぜだ? いろいろな考え方に寛容であることが必ずしも善ではないとわかっていながら、その後婦人に花qにも言えなかったのでした。
 

第149回「9の日・9条・ハンスト・イン」開催のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 6月 6日(水)04時13分56秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

 そろそろ梅雨入りしそうな今日この頃、皆さまお変わりなくお過ごしのことと思います。

 毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。149回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、6月9日(土)の正午からスタートします。
ふるって、皆さまの参加をお待ちいたしております。

 さて、森友・加計問題では、これだけ連日、ぞろぞろと安倍首相の関与を裏付ける新事実が出てきて、世論の60%近くが安倍政権を不支持としているにも関わらず、いまだに支持率は下がったとは言っても、40%近くを維持しています。そのため、一時は、安倍首相の退陣は時間の問題のように言われていましたが、今現在の流れでは、安倍政権は、支持率の低下に歯止めがかかったことで、このままで乗り切れると読んで、ふてぶてしく居直りを決め込もうとしています。

 これは、私たちがかねてから予測し、危惧していた通りの展開で、このままでいけば、安倍首相は秋の自民党総裁選挙まで持ちこたえ、三選されることになってしまいそうです。これから先もまだ、私たちは、安倍首相+麻生副首相+菅官房長官+二階幹事長の「悪相」4代官の顔にうんざりしながら突き合わされそうです。

 なぜこういう展開になってしまうのか?……考えられえる理由は4つ、いずれも私たち国民の無責任によるもので、一つは、過去二度の総選挙で自民+公明の連立与党に3分の2以上の議席を与えてしまったこと。つまり、森友・加計問題の真相解明に向けて、野党が安倍昭恵夫人や佐川元国税庁長官、加計孝太郎氏らの国会招致をどれほど求めても、安倍+自民党は、数の上での圧倒的力を背景に絶対に応じようとしないからです。

 二つ目の理由は、安倍内閣の支持率の下落がもう一押しのところで30%を切らないのと、自民党の支持率が依然、35%前後をキープしていることです。確かに、これまでの世論調査で、安倍内閣の支持率が瞬間的に30%台を切ったことが何度かありました。しかし、それは単発的で、新聞各紙とテレビ局の世論調査が一斉に30%台を切ることはなく、また、自民党の支持率は、安倍内閣の支持率の低下と関係なく、一貫して35%前後をキープしています。つまり、安倍+自民党は、底堅い支持率を背景に、居直りを決め込んでいるということなのです。

 このように世論が底堅く安倍+自民党を支持していることで、安倍首相や麻生副首相は、どんな不祥事が起ころうと絶対にやめようとしないわけです……。

 三番目の理由は、森友・加計問題や財務省の公文書書き換え・偽造問題の根幹が、行政府の意志が立法府(国会=国民)に優越し、行政府の意向・決定がそのまま国会に押し付けられ、あるいはまた、国会を騙すために行政府の役人が、公文書の改竄、廃棄を平然として行っているにも拘らず、国会の最大多数派である自民党が、それを黙認し、唯々諾々と随っていること。このことは戦前に、軍部の独断専行で、日本を戦争へ戦争へと駆り立てていった時の状況を髣髴させるもので、民主主義国家日本の根幹たる立憲民主主義を根底からひっくり返そうとし、立法府を無力化させる極めて危険な事態と言わざるを得ません。

 かっての自民党であれば、今回のような不祥事が立て続けに続いた場合、必ず対立する派閥の領袖が立ち上がり、内閣を痛烈に批判し、党内抗争に持ち込んで、倒閣を実現させ、それが政治の健全性を担保していたわけですが、今の自民党からは、時折、石破元防衛庁長官や小泉進次郎議員らから、安倍批判の声が漏れて来ることはありますが、それも及び腰で、安倍打倒に立ち向かうほどの迫力も気力もないというのが実情です。

 安倍首相や麻生財務大臣が辞任しない第四の理由は、安倍内閣を退陣に追い込む上での国会での論戦で、野党がばらばらで、野党各党の持ち時間が少なく、しかも一人一人の質問者が、かっての野党の論客のように論戦に長けてなく、質問する際の語り口が優しく、迫力に欠けているため、安倍首相を付け上がらせ、のらりくらり言い訳、すり替え答弁をみすみす許す結果となっていることです。

 かっての国会論戦では、野党側の質疑者に迫力があって、総理大臣を怒鳴りつけて、たじたじにさせるシーンがしょっちゅうあったのに、今では、共産党の小池晃議員を除いて、どの野党議員もおとなしく、迫力がないので、総理大臣から、最初から舐められているという印象はまぬがれません。

 野党議員の質疑の仕方に関して、もう一つ指摘しておきたいのは、テレビの国会中継で見ていると、野党の質疑者のほとんどが、安倍首相とのみ向かい合い、安倍昭恵夫人の関与があったかどうか、加計氏が獣医大学の開設に意欲を持っていたことをもっと前から知っていたのではないか、そのため便宜を図ったのでないか……などなど、毎回、各党ともが同じ質問を繰り返し、その都度、安倍首相から、質問と関係のないことをべらべらとしゃべりまくられ、気がついて見たら時間が来てしまった……というようなことが繰り返されてきています。

 要するに、どんなことがあっても、新聞各紙・テレビ局の世論調査の結果で、内閣支持率が軒並み20%を切らない限り、そして自民党の支持率が30%を切らない限り、何をしても、どんな答弁をしても、辞任する必要はないと高をくくっている安倍首相にどれほど辞任を迫っても、絶対にやめないことは分かっています。そして、そうである以上、「総理大臣の辞任」という切り札だけを突き出していっても、らちは一向に明きません。

 ですので、これまでのように、安倍首相に「辞職」要求を正面から突き付けていくことは、それはそれとして続けながら、もう一方で、一歩引いたスタンス、あるいは視座に立って、私たちの本来の運動の目的、すなわち、自衛隊の存在を憲法で認め、自衛軍が、時の内閣の意向次第で、地球上の戦争発生地域に自由に派遣され、「集団的自衛権の行使」という大義名分を掲げて、戦闘行為に参加できるようにする、そしてそのための戦闘員確保のため、徴兵制が施行されるように、憲法を書き換えるという安倍+自民党の狙いを阻止するという原点に立ち返り、安倍在任中は改憲のための国民投票を発議させない、あるいは万一国民投票が行われる事態になっても、受けて立てる用意を今のうちに、周到に整えていくことの方が実利的ではないでしょうか……。

 幸い、一時は開催が危ぶまれていた、米朝首脳会談が、12日にシンガポールで開かれることが決まり、長い道のりとはいえ、朝鮮半島の戦争終結宣言と非核化に向けて、歴史は大きな第一歩を踏み出そうとしています。
その意味で、今、地球上で起こっている大きな歴史の流れの転換は、私たちに味方してくれているようです。

 重要な事は、こうした動きが、北朝鮮からの軍事的脅威が日に日に増大しているから、それに対抗するために日本は憲法を書き換えて、いつでもどこででも戦闘行為に参加できる体制を整備・構築しなければならないという、安倍改憲論が、今一気にリアリティを失いつつあるように見えることです。事実、こうした情勢の変化を受けて、自民党内の改憲の動きは、最近なりを潜めているようで、このまま続けば、今年中に、安倍改憲草案が国民投票にかけられる可能性は著しく低くなっているように思えます。

 そうした意味でも、安倍+自民党の改憲案をなし崩し的に亡き者にしていくための具体的方策を、今こそ野党各党と私たち市民は全力で考え出すべき時ではないでしょうか。

 ところで、詩人の堀口大学は、昭和19年10月20日、河出書房刊行の『詩集大東亜』に収められた「あとひと息だ」という詩で、以下のように戦争及び大東亜共栄翼賛の詩を詠いました。

   国運賭けたみいくさに
   しこのみ盾と戦つて
   命ささげた増荒男の
   不滅のてがらわすれまい

   東亜を興す大使命
   いまの痛みは生みの苦だ
   鬼畜米英ないあとは
   民十億の楽園だ

   敵もさるものさればとて
   邪はそれ正に勝ちがたい
   勝つときまったみいくさだ
   あとひと息だ頑張らう

 しかし、この詩を詠ってから10か月後の昭和20年8月、広島と長崎に原爆が落とされ、日本はボツダム宣言を受諾し、敗戦となりました。

 そして、進駐軍による占領下、戦前は厳しく禁止されていた言論の自由が復活、永井荷風が、戦前、戦時中に密かに書き綴った小説や日記『断腸亭日乗』などが続々と刊行され、荷風が、戦前の軍部独裁下にあって、「書く」ことを通して、厳しく軍国主義国家と対峙し、軍部を批判していたことが判明。堀口大学は、荷風のそれらの作品を読んで、恩師である荷風が、自分と違って、「書く」ことのなかで国家と対峙し、精神の自由を守り通したことを知り、自身が戦争翼賛の詩を詠んでしまったことを深く恥じ、憲法第九条を国家理念の表象たる平和憲法の柱に据えた新生日本において、非戦と反原爆の詩人として新たな詩の「長い道」を歩み始めます。

 そうしたなか、昭和46年1月元旦、堀口大学は、産経新聞に「新春 人間に」と題した詩を寄せ、戦争捨て、原爆を捨てようと、以下のように詠いました。

   「新春 人間に」

    分ち合え
    譲り合え
    そして武器を捨てよ
    人間よ

    君は原子炉に
    太陽を飼いならした
    君は見た 月の裏側
    表側には降り立った
    石まで持って帰った

    君は科学の手で
    神を殺すことが出来た
    おかげで君に頼れるのは
    君以外にはなくなった

    君はいま立っている
    二百万年の進化の先端
    宇宙の断崖に
    君はいま立っている

    君はいま立っている
    存亡の岐れ目に
    原爆をふところに
    滅亡の怖れにわななきながら
    信じられない自分自身に
    おそれわななきながら……

    人間よ
    分ち合え
    譲り合え
    そして武器を捨てよ
    いまがその決意の時だ

 私たちは、今、堀口大学が、「滅亡の怖れにわななきながら」詠ったように、「二百万年の進化の先端 宇宙の断崖に」立たされているのです。そして今、「存亡の岐れ目に」、「滅亡の怖れにわななきながら」立たされているのです。

 堀口大学は、詩人として一生をかけて歩んできた「長い道」の最後に近く、この詩を書いたことで、200万に及ぶ人類史の最先端、そして「宇宙の断崖」に立って、人類の命運に思いをいたし、「武器を捨て 分かち合い 譲り合え」と詠う視座を獲得することだ出来たのです……。そして、そのことによって、大学は、恩師永井荷風の文学精神を最も正統的に継承する門下生としての資格性(クレディビリティ)を手に入れたことになります。

 以上を踏まえて、私たちは、堀口大学「人間よ/分ち合え/譲り合え/そして武器を捨てよ/いまがその決意の時だ」という詩を胸に蘇らせながら、9日の正午から149回目の「ハンスト・イン」に入る所存です。

こんな時代の、こんな時期です。ひとりでも多くの方々の参加をお待ちしております。

  ■ 第149回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :6月9日(土)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、6月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

 
v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年6月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 

5月9日正午から、10にと正午までの、「9の日ハンスト」参加します。

 投稿者:高田 眞佐子  投稿日:2018年 5月 8日(火)09時44分39秒 zaqdadcd92a.zaq.ne.jp
返信・引用
   5月の「9の日ハンスト」参加します。 5月3日の、大阪・扇町公園で行われた集会に参加してきました。2日の夜から、明け方まで、雨がふっていて、集会に影響するかなぁ、とおもっていました。それが、朝になると、雨もやみ、集会の始まる午後には風はきつかったけれど、晴れ渡って幸福な気分になりました。(去年も、そうでしたが、)右翼の街宣車が、公園のまわりを、けたたましい音声で、「憲法を守ろうなどという、売国奴は、恥を知れ!」などといいながら、4台ほど走行していました。去年は集会が始まってからも、公園の周囲から、罵声を浴びせ、不快な思いをしたのです。今年もか…と覚悟したのですが意外なことに、集会が始まると同時におさまったのでした。警察の規制が入ったのかもしれません。それはそれで、不安になったたりしましたが。会は、主催者側発表ではあるけれど、2万人結集した、と言われました。、とにかく、たくさんの人でうまったことで、少しほっとしました。香山リカさんのスピーチが聞けるということも、影響しているかもしれないけれど、それだけではないと思います。危機感をもちながら、もぅ数十年、こんな集会をそれなりの規模で持っていることが、少しは歯止めになっているのかなぁと、思いたいです。私はただ、参加しているだけだけれど。  

第148回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 5月 6日(日)20時07分4秒 ai126246045169.62.access-internet.ne.jp
返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

香る風に、マリン・ブルーの空の大海を鯉幟が踊るように泳ぐ端午の節句を迎えましたが、皆さまお変わりなくお過ごしのことと思います。

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。148回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、5月9日(水)の正午からスタートします。ふるって、皆さまの参加をお待ちいたしております。

さて、71回目の憲法記念日の5月3日、全国各地で護憲および改憲を訴える市民のイベントが行わるなか、安倍首相は、昨年に続いて、今年また「公開憲法フォーラム」にビデオ・メッセージを寄せ、「今こそ、憲法改正の潮時が来た」と檄を飛ばし、自身が昨年寄せたビデオ・メッセージの中で提唱した、憲法第九条の第1項と第2項を残したままで、自衛隊の存在を明記する第3項を追記する、いわゆる自衛隊加憲案について、一層論議を深め、今年中に国民投票を実現させるべく力を合わせていこうと、呼びかけていました。

この言葉だけがぺらぺらと独り歩きしているような軽薄で、歯の浮くようなスピーチを聞きながら、なぜ、安倍首相が、安倍首相の都合で考え出した改憲案を、私たちが押し付けられなければならないのか、疑問を持たれた方は少なくないと思います。

そもそも、立法府の長である内閣総理大臣は、憲法(99条)によって憲法を遵守しなければならない義務を背負わされています。ただ、安倍総理大臣は、自由民主党の総裁であることで、行政府の長であり、安倍改憲案は、行政府の長としての自民党総裁の立場から提案されていることになります。しかし、立憲民主主義の原則は三権の分立とされていますが、同時に、立法権が行政権に優越すること(41条)も、立憲民主主義の大原則であるはずです。なぜなら、立法府は、選挙によって選ばれた国民の代表たる議員によって構成され、立法府のすべての決定は、国民の意志の代表である国会議員の投票によって決められるからであります。

すなわち、行政府の長たる総理大臣は、立法府の決定には従わなければならず、それゆえに、国の根本原則である憲法を誠実に遵守する義務を負うことになるわけです。

ところが、安倍首相は、この立憲民主主義の大原則を完全に無視し、憲法を遵守しなければならないという総理大臣の責任を完全放棄し、行政権を立法権より優越させ、自ら先頭に立って、改憲の旗振り役を買って出てしまっている。これは、明らかに憲法に違反する行為であり、憲法論議が今後進んでいくなかで、護憲野党とメディア、および私たち市民は安倍首相の違憲性を法廷に訴えてでもして、徹底的に追及していく必要があると思います。

「公開憲法フォーラム」に寄せたビデオ・メッセージで安倍首相が展開した自衛隊加憲論の矛盾としてもう一つ指摘しておきたいのは、なぜ自衛隊の存在を憲法第9条の第3項に書き加えなければならないのかという理由について、安倍首相は、憲法学者の2割が自衛隊を憲法違反としている以上、自衛隊隊員が日本を守るために戦わざるを得ない状況に至ったとき、自分は、現行憲法の下では、彼らに日本を守るために戦い、死んでくれとは言えないという言い分です。安倍首相のこの言い分は、これまでは北朝鮮の軍事的脅威の増大を理由に憲法改正の必要性を主張してきたのが、南北両首脳の歴史的対話が実現し、朝鮮半島の非核化と朝鮮戦争の終結の可能性が現実化してきたことで、その理由が使えなくなってしまった。そこで、急遽、それに変わる理由として持ち出されてきたという印象が否めません。

さらに、高々2割の憲法学者の言い分を認めて、憲法を変えなければならないというもの、おかしな話です。すなわち、憲法は、国民の共同的意志や願望の体現であり、一部の少数者の意見や願望の反映ではあってはなりません。つまり、2割の憲法学者の意見や安倍首相の個人的願望の反映であってはならないのです。安倍首相の改憲案は、すでにいくつもの世論調査で明らかなように、今の日本の国民の共同意志や願望を反映したものとは、到底いえません。現行憲法は、昭和22年に発布されて以来71年、「もう二度と戦争を起こしてはいけない」という日本国民、ひいては地球上のすべての人々の共同的決意と願望に支えられて、日本の憲法としてだけでなく、世界人類の共同憲法として、認知されるにいたっているのです。

そうであればこそ、安倍首相個人の思い込みや願望のために、憲法が書き換えられるようなことは、絶対にあってはならないのです。

以上を踏まえて、私たちは、憲法第九条を日本のためだけでなく、世界人類のためにも守りぬかなければならないと考えるすべての人々と連帯し、安倍首相の個人的思い込みと願望で憲法を書き変えようとするよこしまな魂胆を粉砕すべく、5月9日正午より、24時間の「ハンスト・イン」に入る所存であります。

一人でも多く、志を同じくする方の参加をお持ちいたしております。

■ 第148回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項■

1.日時  :5月9日(水)正午から、24時間ハンスト。

        * 水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイトに、5月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名,,簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによって、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込んで下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対してハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームページの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハンストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみましょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年5月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴
 

レンタル掲示板
/12