teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/116 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第150回「9の日・9条・ハンスト・イン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 7月 5日(木)18時08分53秒 softbank126091120235.bbtec.net
  通報 返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

うっとうしく梅雨が降り続く中、時たま空が晴れたと思うと、35度近い太陽光が差し込んできて、不快指数の高い日が続く今日この頃、皆さまお変わりなくお過ごしのことと思います。

毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。150回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、7月9日(月)の正午からスタートします。ふるって、皆さまの参加をお待ちいたしております。

さて、本日の新聞報道によりますと、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者が、文部科学省の私立大学支援事業の対象校に選定されることの見返りとして、自分の子を東京医科大学の入学試験で合格させてもらったとして、東京地検特捜部に受託収賄の疑いで逮捕されたとのこと。

公平な行政を行うために、不正をチェックする最高監督官に当たるはずの官僚トップの腐敗も、ここに極まれりという事件に開いた口がふさがりません。

顧みれば、自衛隊のイラク日報問題とこの問題の最高監督官たる稲田朋美元防衛庁長官の無責任極まりなく、醜悪な言行に始まり、文部科学省による官僚の天下りあっせん疑惑、厚労省による裁量労働制に関するデータのねつ造・誤用疑惑、さらにはこれらの疑惑の総仕上げとして国会を一年以上も紛糾させた森友・加計問題における財務省の高級官僚による安倍首相への忖度、及び不当な便宜供与と関連文書の大規模なねつ造、廃棄処分などなど、官僚組織の腐敗による一連の事件の全ては、第二次安倍政権が誕生して以降に起こっています。

こうした行政の腐敗を象徴する一連の不正事件は、行政府のトップであり、最高命令監督権を有する安倍内閣、ひいては安倍首相そのものが生得的、あるいは構造的に抱える行政監督能力とモラル意識の欠如によるものであることは、論を俟ちません。つまり、これだけ不祥事が連続して発生すること自体が、行政府の最高命令・監督機関としての安倍首相と安倍内閣の適格性と信頼性の欠如を如実に物語っているということなのです。

にも拘らず、安倍首相は、不祥事発生の都度、野党の辞任要求に対して、「責任を痛感している」といいながら、「このような不祥事が二度と起こらないように監督・指導を強化していきたい。それが総理大臣として取るべき責任だ」と言い逃れ、いまだに辞任という形で責任を取ったことは一度もありません。

安倍首相は、日本の理念として「美しい日本を取り戻す」ことを挙げおり、自民党のポスターにも、この言葉は掲げられています。この「美しい日本」という言葉が、単に日本の風景自然の美しさだけでなく、人としての生き方の美しさをも意味していることは論を俟ちません。つまり、部下が犯した失敗や罪の責任は、上司である部長や社長が取ることが日本の美徳であり、現に今でも、大きな会社が不祥事や失敗を犯したときは、経営トップの社長や重役が責任を取って辞任することが、企業モラルのあかしとなっています。

ところが、日本のトップであり、日本人の生き方の美しさのモデルとなるべき安倍首相は、「責任を取る、取る」と言いながら、一度も辞任したことがない。これは、安倍首相自らが、日本の「美しい」伝統を無視し、壊していることに他なりません。

確かに、総理大臣という国民から負託を受け、重い職責を遂行する立場にある以上、総理大臣が、民間の一企業の社長のように、官僚の一度か二度の失敗や不祥事に付き合って辞任することはないかもしれませんが、これほど重大な失敗や不祥事が重なった以上、安倍首相は、総理大臣辞任という形で責任を取るべきだと思われます。

野党も、また行政府を監督する権限を有する立法府の代表としての自民党も、今のこの退廃しきった日本の状況を一日も早く脱し、経済だけでなく外交、内政面でも行き詰ってしまったように見える日本を立ち直らせるためにも、安倍首相に「美しい日本」のモラルに準じて、総理大臣の職を辞することを勧告すべき時に来ていると思います。

そうした意味で、野党は言うに及ばず、自民党も公明党も、そしてメディアや私たち国民も、森友・加計問題で、事実関係で首相を問い詰めるというこれまでの戦術にとらわれず、「もしかすると、首相が言うように、首相御自身は全く関与していなかったのかもしれません。しかし、事がこれほど頻繁に発生し、真相解明のための国会審議がここまで長引き、混乱をきたしている以上、総理大臣の行政能力とモラルが欠如していることは明らかである。そうである以上、総理大臣は、「美しい日本」を守るためにも、責任を取って辞任すべきではないでしょうか・・・・・・と、あらゆるチャンスをとらえて説得すべきではないでしょうか。

以上を踏まえて、私たちは、安倍首相に、「美しい日本」を守るためにも、一日も早く総理大臣の職を辞されんことを求めて、来る7月9日正午から、150回目の24時間「ハンスト・イン」に入る所存です。

ご一緒にどうぞ、ご参加を!

*********************************************
 ■ 第150回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :7月9日(月)正午から、24時間ハンスト。
       *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、7月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

   http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。


  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年7月6日

 「ガンジーの会」代表:末延芳晴
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/116 《前のページ | 次のページ》
/116