teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/116 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第152回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年 9月 6日(木)15時44分44秒 softbank126091120235.bbtec.net
  通報 返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

台風21号が西日本を襲い、「風立ちぬ」という言葉とはおよそ真逆の激しい雨風に見舞われ、各地で甚大な被害をもたらし、死傷者も少なからず出たようですが、みなさまいかがでしたでしょうか。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。152回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、9月9日(日)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

自民党の総裁選挙が近づいて来ました。石破茂元防衛大臣と現職の安倍晋三首相が立候補し、新聞やテレビの報道では、安倍首相サイドの石破つぶしと安倍支持から逃げ出しそうな国会議員への露骨な締め付け戦術が功を奏し、国会議員票の大半を固めたせいで、安倍首相の圧勝が報じられています。しかし、現実は、メディアが報じているほどには、安倍首相の足元は安泰でなく、首相サイドのあまりにえげつない石破つぶしに、国会議員の中にも反安部の動きが出てきているようです。

安倍首相が三選されれば、来年夏の参院選挙で自民党の勝利がおぼつかなくなる。森友や加計問題で疑惑が噴出したにも拘らず、安倍首相は国会答弁の場で一向に説明責任を果たそうとせず、疑惑がますます深まる一方、この先、安倍首相にとって決定的に不利な証言や証拠が出てくれば、安倍首相は、今度こそ持たない・・・・・・そんな危険性を抱えている安倍首相に、今後3年間もの政権運営を委ねていていいのか? そもそも、立憲民主主義の原則を蹂躙し、国会を、ということは国民の意志を無視し続ける、強引横暴な権力主義丸出しの国会運営を続けてきた安倍政治をこのまま続けさせていいのか、特に憲法改正問題で、自衛隊の加権を主張する安倍改憲案を、十分な国会審議も尽くさないまま、国会に発議させていいものなのか、心ある自民党議員の大半をそういう思いを募らせているはずなのです。

さらにまた、原子力発電問題でも、今年夏、日本全土が歴史的猛暑に襲われたのにもかかわらず、太陽光発電や風力発電が急速に普及したせいで、節電や省電の必要なく乗り切れたことで、菅直人元首相が、自身のブログで「太陽熱発電が普及したせいで、原子力発電は必要でなくなった」と指摘したように、日本は、いよいよ本格的に脱原発に向けてスタートすべきときに来ていると思います。地震や台風による自然災害が当たり前のように起こる日本では、脱原発政策への切り替えは、誰が考えても当たり前のことなのですが、安倍首相にはその当たり前のことができない。

そんな目先の利益しか見えてない安倍首相に、これ以上政権をゆだねていていいのか?……という不安は、少なからぬ心ある自民党の国会議員は持っているはずで、その不安は、大方の国民の不安でもあるはずなのです。

さらにまた、直近の世論調査の結果を見ても、多くの国民が、安倍首相が三選されることに不安を抱いているという結果が出ています。例えば、昨日付の「日刊ゲンダイ」紙では、「20日投開票の自民党総裁選をめぐり、有権者の間で石破元幹事長の人気が急拡大し、安倍首相を追い抜きそうな勢いであることが、JNNが、1、2両日に実施した世論調査で分かった」として、以下のような結果を伝えています。

  自民党総裁選では安倍、石破のどちらを支持するか。

    安倍支持   41%
    石破支持   40%

  無党派層に対する同じ質問では、

   安倍支持   29%
   石破支持   46%

  安倍内閣支持率

   支持     46.2%
   不支持    52%

これらの数字を見て驚くのは、安倍首相サイドがこれだけ露骨に反石破キャンペーンを続け、メディアが安倍圧勝を報道し続けてきているにも関わらず、次期首相に安倍首相がふさわしいと答えた人は、石破氏がふさわしいと答えた人を、わずかに1%しか上回ってないということです。つまり、これから先、選挙戦が本格化し、石破氏のメディアへの露出度が高まり、その穏健というか、まともな政治姿勢に対する国民の理解が深まっていけば、石破氏への支持率は、安倍首相を大きく上回っていくはずなのです。

興味深いのは、無党派層の安倍支持率が29%に対して、石破支持率が46%と、17ポイントも上回っていること。そしてこの差は、今後さらに大きく開いていくであろうということ。さらに、内閣支持率が、支持46.2%に対して、不支持率が52%と、6ポイントも上回っていることです。

上述したように、安倍首相サイドからの反石破キャンペーンがこれほど露骨に展開され、メディアも安倍首相圧勝を伝え、しかも国会論戦が行われていない現時点で、安倍首相はここまで追い込まれている。

しかも特に重要だと思われることは、これまでの世論調査では、「分からない」が20~30%あったのが、今回は、支持+不支持で98.2%と、ほぼ100%に近い回答率で、しかも、不支持率は52%と支持率を6%も上回っている。この事実は、これまで「分からない」と答えてきた無党派層が、これ以上安倍内閣をのさばらせていては危険であることに気づき、「不支持」の方に回ってきたことを意味しています。

つまり、このことは、「どうせ何をやっても無駄だ」とあきらめて、意志表示をすることを控えてきた無党派層が、いよいよと言うか、ようやく動き出したことを意味しています。

さて、このように頑強に見えてきた安倍一強体制に揺らぎというか、亀裂が見え始めて来た状況にあって、「敵の敵は味方」という論法に立って言えば、私たちは、憲法問題や安全保障問題では考え方を異にしていますが、石破氏に勝ってほしいと思います。なぜなら、今の異常事態を打破するには、今回の自民党総裁選挙で、石破氏が勝利し、安倍首相を退陣に追い込み、これ以上政権にいさせたら、日本の民主主義と平和主義を根底から壊しかねない安倍政治を終わらせることが、日本の今後のために何よりも喫緊の課題だと考えるからです。

そうであるなら、石破氏は安倍首相に勝利するためには、これから先の選挙戦をどう戦えばいいのか。まず考えられるのは、今後の選挙戦において、「国民のため」を最優先させ、以下の政策を掲げて安倍首相に徹底的に論戦を挑むこと。

1. 改憲問題では、性急な国会発議を避け、慎重に国会で審議を重ね、国民世論の熟成を待って発議に
向けて取り組む。

 2.脱原発政策を徹底的に進める。そのためには、立憲民主党や共産党はもとより、小泉純一郎や鳩山由紀夫、菅直人など首相経験者とも連携し、脱原発国民会議の発足に向けて、リーダーシップを発揮する。

 3.安倍エコノミックスのゆがみを匡す。

 4.地方経済の再活性化に向けて全力を尽くす。

 5.社会福祉政策の重視。

 6.教育支援の重視。

 7.地震や台風など自然災害に対する防災システムの再構築。

 8.東アジア地域における軍事的脅威を低減させるために、中国や北朝鮮との話し合いを積極的に進める。

 9.人種や性差、社会階層の違いによる差別的な行動や発言は絶対に許さない。そして、違いを認め合う寛容な社会の構築に向けて努力する。

10.政治的権力が総理大臣や内閣府に過度に集中する現行の態勢を見直す。

11 野党の意見に謙虚に耳を傾けるなど、丁寧な国会運営に努める。


以上の政策を掲げたうえで、安倍政治をこれ以上続けさせたら、日本の未来が本当に危うくなりかねないことを自民党の国会議員だけでなく、全国の党員、ひいては国民全体に訴え、安倍政治を終わらせるためには改憲問題を封印したうえで、自民党を割って新党を立ち上げ、野党と共闘するくらいの決死の覚悟を固めて、打倒安倍支持に向けて戦ってほしく思う次第です。

また立憲民主党をはじめとする野党も、日本の針路を誤らせる安倍政治に終止符を打つために、いつものように各党の党首名を総理大臣候補に書くのではなく、一時避難的に、また暫時的に、戦略的な投票行為、すなわち国会冒頭で行われるで首班指名では、「石破茂」に投票するくらいの覚悟を持って臨んで欲しいと思います。

以上を踏まえ、私たちは、憲法問題では同調できないという原則を堅持しつつ、安倍政治を終わらせることが、日本の将来にとって最も重要な課題であるという認識に立って、万やむを得ずという思いで、今回の自民党総裁選挙で、石破氏が勝利することを祈りつつ、9月9日の正午から、152回目の「9の日・9条・ハンスト・イン」の24時間ハンストに入る所存です。

  ■ 第152回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :9月9日(日)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
トに、9月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府県名、
簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る運動
の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を書き込ん
で下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉しく思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反対し
てハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志を明確に
表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという行為が政治的
抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間のハン
ストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめてみまし
ょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志は十分に参加
する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年9月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/116 《前のページ | 次のページ》
/116