teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/116 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第153回「9の日・9条・ハンストイン」のお知らせ

 投稿者:「ガンジーの会」代表:末延芳晴  投稿日:2018年10月 6日(土)01時31分1秒 softbank126091120235.bbtec.net
  通報 返信・引用
  日本と世界の未来のために九条を護りその基本精神を
世界に向けて実現していくべきだと考えるすべての皆さまへ

本来であれば、真っ青な空の下、吹く風にコスモスが揺れ・・・・・と書くはずのところが、台風25号が接近し、この週末には本土に上陸かと伝えられ、皆さま不安に過ごされておられることと思います。どうかくれぐれも準備怠りなく、無事に過ごされんことを心よりお祈りいたしております。

さて、毎月恒例の「9の日・9条・ハンスト・イン」が近づいて参りました。153回目に当たる今回の「ハンスト・イン」は、10月9日(火)の正午からスタートします。ふるって皆様の参加をお待ちしております。

安倍+自民党が虎視眈々と自衛隊の加憲を含めた憲法改正案の国会発議と国民投票の実施を狙う中、今後の政局に大きく影響を与えるとされてきた沖縄県知事選挙は、先に急逝した翁長前知事の遺命を受けて立候補した野党系の玉城デニーと自民+公明の支持を受けた佐喜真淳両候補がデッドヒートを演じ、最後の最後まで勝敗の行方が分からないかのような展開となっていましたが、即日開票の結果、意外に早い段階で、玉城デニー氏の当確が出て、護憲派の私たちをヤレヤレと安心させてくれました。

最終的な投票結果を見てみますと、玉城デニー氏が、有効投票数の内、396,632票を獲得、佐喜真氏の316,456票に対して、8万票の差をつけての勝利。ということで、各種メディアが報じているように、玉城氏の圧勝と言っていいと思います。

なぜこのような結果が出たのか、背景的要因として考えられるのは、先月21日に行われた自民党の総裁選挙に立候補した石破茂元防衛大臣が、国会議員+党員・党友合わせて254票を獲得したのに対して、安倍首相は合計で553票と、299票もの大差で負けたのにもかかわらず、議員票で予想を20票も上回り、73票を獲得、さらに党員・党友票でも安倍首相の224票に対して181票(全体の約45%)を獲得、自民党及び党員・党友の間に反安倍的、言い換えれば反安倍一強体制に対する批判ムードが醸成されていたことです。

第二には、玉城デニー氏が勝利した直接的原因と考えられるもので、自民党と公明党が、安倍首相の命令一下、党役員の大物政治家や小泉進次郎氏など人寄せパンダ議員を次から次へと送り込み、安倍+自民党の威勢を前面に押し出し、しかも肝心の基地問題では佐喜真候補に一言もしゃべらせないなど、安倍一強体制を背景とした力による強引な選挙戦術を展開した結果、沖縄の選挙民から佐喜真候補が安倍+自民党の傀儡候補とみなされ、支持を失ったこと。

そして、これに対して玉城デニー候補は、立憲民主や共産党などの支持政党とは一線を画した「オール沖縄」戦術を展開し、立憲民主党の枝野党首や共産党の志位委員長等、沖縄入りした野党幹部は、デニー候補とは別々に応援演説を行った結果、政党色が薄れ、結果、沖縄市民のハート掴んだ。いや、それだけでなく、自民党や公明党支持者からも一定程度の票を勝ち取ったことが、今回の勝利につながったとみていいと思います。

以上、今回の知事選挙で玉城候補が勝利した背景的要因を分析した結果、私たちが平和憲法を守るための戦いを今後一層有効的に押し進め、安倍+自民党の改憲案を廃棄に持ち込むために取るべき戦術として、見えてくる極めて重要な教訓は、これまでのような政党色を前面に押し出した選挙戦術は、すでに有効でないということ。それに代わるものとして、私たちが取るべき戦術は、出来る限り政党色を薄くし、「オールジャパン」の旗印の下に結集し、来年夏の参院選に立候補する反安倍・反自民の立場から立候補するものは、その党籍のいかんにかかわらず、「オールジャパン」のメンバーとして立候補すべきだということです。

そうなのです、沖縄の市民たちは、今回の知事選挙を通して、私たちに大変重要な事を教えてくれたのです。私たちは、その教訓をしっかりとかみしめて、来年夏の参院選挙に向けて、一日も早く、これまでになく強固な市民の政治組織として「オールジャパン」の構築に向けて、全力を傾けなければなりません。

さらにもう一つ、沖縄の選挙からは、争点をごまかさず明らかにして闘うことの重大切さ、つまり辺野古に基地をつくることには絶対反対だという確固とした主張を掲げて戦う姿勢にも学ぶ必要があると思います。来夏の参議院選では、自民党をはじめ、9条改憲を望む勢力に、国会での発議に必要な3分の2以上の議席を、何が何でも取らせないという覚悟が私たちに必要でしょう。そのことをしっかりと胸に刻み込み、私たちは今月9日正午から24時間の「ハンスト・イン」に入る所存です。


 ■ 第153回「9の日・9条・ハンスト・イン」実施要項 ■

1.日時  :10月9日(火)正午から、24時間ハンスト。
      *水と白湯は可。

2.参加方法:参加希望者は、下記の本会ホームページの「参加申込」のサイ
  トに、10月9日正午までに、名前(ハンドルネームも可)、年代、都道府
  県名、簡単なコメントなどを書き込んで下さい。

     http://www.9jo-gandhi-hansuto.net/

3.このハンスト・インの運動は、インターネットで意志表明をすることによ
  って、他の参加者や全国で志を同じくする人々と励まし合い、九条を護る
  運動の輪を広げていくことが目的です。従ってなるべく事前に参加表明を
  書き込んで下さると、参加する方々が連帯感をもってスタートできて嬉し
  く思います。

4.終了報告:24時間のハンストが終了しましたら、終了報告を書きこんで
  下さい。これを怠るとあなたが自衛隊の海外派兵や9条の改悪・廃棄に反
  対してハンストを行なったことが誰にも伝わりません。あなた自身の意志
  を明確に表明し、あなたが終了報告を書き込んで初めて、ハンストという
  行為が政治的抗議行動になることをお忘れなく。

5.実施方法:初めて参加される方は、ハンスト上の注意や方法などホームペ
  ージの「実施要項」を必ずお読みの上、ご参加下さい。また、24時間の
  ハンストができるかどうか自信がなくても心配はいりません。まずはじめ
  てみましょう。出来る人が、出来るところまでやる。それであなたの意志
  は十分に参加する人たちに伝わります。

6.その他 :パソコンを使えない方の分は、まとめ役の方が、一括して参加
  者名をご報告下さいますようお願いします。

◎参加に当たって、分からないことなどありましたら下記「ガンジーの会」の
公式メールアドレスへご連絡下さい。

  v.gandhi@dia.janis.or.jp

2018年10月6日
「ガンジーの会」代表:末延芳晴

?
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/116 《前のページ | 次のページ》
/116